名古屋入管(浜松豊橋出張所)へのビザ在留資格申請代行、外国人雇用のサポートを行う開業18年の愛知県の行政書士事務所です

聯絡我們請使用以下表格。E-mail:info@officeshibata.com

    お知らせ&業務週報

    2022年GWブラジル弾丸出張報告③

    2022年GWブラジル弾丸出張報告②からの続き 2022年GWブラジル弾丸出張報告② 2022年5月2日 サンパウロ市 泊まったサンパウロ市の東洋人街にあるホテルは日本人観光客や駐在員、ブラジルの地方に住む日系人がサンパウロに来る際の定宿みたいなところなのだが、コロナで宿泊者が激減したためか大分サービスが落ちた印象、朝食の日伯折衷の食べ放題バイキングが目玉なのだが大分コストダウンされていてガッカリ感が。 午前中東洋人街とセー駅、セントロ周辺を散歩、東洋人街も昨日は日曜で観光客がたくさんいたが平日の今日見るとコロナ前と比べ潰れたお店が目立ち治安が悪くなった印象、セー駅のカテドラル周辺はコロナ前から路上生活者のたまり場で治安が悪く変化無し、セントロやRua 25 de marçoは活気があって既にコロナを脱した印象でした。 午後サンパウロ市南部にある取引先のブラジル本社へ。日系人労働者の送り出しとブラジル在住日系人の日本旅行を手配主催する会社なのだがコロナで2年間青息吐息に、先月からようやく日系3世の査証がサンパウロ日本総領事館で発給されるようになり息を吹き替えしつつあるそう。ERFS受付済証申請や先月から始まった入管オンライン申請、日系4世の在留資格、旅行者の短期査証再開について2時間ほど有意義な情報交換が出来ました。 2022年5月3日 サンパウロ市 朝ホテルで日伯折衷バイキングを食べてからウーバーでブラスにあるサンパウロ州移民博物館へ。ここは1880年代に奴隷制度を廃止し人手不足となったブラジルが外国から移民農業労働者を受け入れるために建てた移民収容所(日本で言うと外国人技能実習生の集合研修施設)をそのまま利用した博物館だそうなのだが石造りの重厚な建物と展示品が面白く訪伯の度に来てしまう場所、今回は小学生が遠足で来ておりガイドの説明をポル語で無料で聞けるという恩恵にあずかることが出来ました(苦笑)。 午後、日本帰国のための72時間以内のPCR検査を受けるためにタトゥアッペからエアポートバスに乗ってグアルーリョス空港へ。帰国当日でも検査は受けられるそうだがブラジルは何が起こるか分からないので前もってということで。しかし350Rsも払わされ鼻に綿棒を突っ込まれるというのは屈辱的(苦笑)。PDFの陰性証明書はすぐ出るが、日本政府が指定する医師の署名入りの紙の証明書は時間がかかるということで帰国日に受け取ることに。 夕方東洋人街に戻り中華料理店で牛肉麺の晩飯。オーナーは中国大陸人だが牛肉麺は台湾のものと寸分も違わず旨いのだがオーナーがポル語出来ないのとクレカ払いに対応していないためか客は私一人。東洋人街は中国や台湾系のお店や料理店が激増していたが日本料理店がブラジル人に受入れられているのと比べ彼らは同国人相手に商売している印象を受けました。 第三回終了。【業務週報2022年5月第3週】 お問い合わせ   こちらも読まれてます: 年末年始はブラジル出張 メキシコアレナメヒコで本場のルチャリブレ観戦記 2022年GWブラジル弾丸出張報告①

    2022年GWブラジル弾丸出張報告②

    2022年GWブラジル弾丸出張報告①からの続き 2022年GWブラジル弾丸出張報告① 2022年4月29日~5月1日 リメイラ滞在 リメイラのブラジル人の友人は日本語やポル語の先生をやっていて4月30日は午後から生徒さんのブラジル人や日本人約20名位を招いて地球の裏側からやってきた私を歓迎するシュハスコ会をやってくれることに。 ブラジルの田舎町だと一軒家の中庭にシュハスコを焼くシュハスケイラが設置されており、ほぼ毎週自宅でなんかかしかの理由を見つけてシュハスコパーティーをやるそう。外食が高いせいもあるが肉1キロ持ち寄りというシステムは合理的、ただピカーニャ(牛イチボ肉)は高いから誰も持って来ませんでしたが(苦笑) 集まったのはやはり昔日本の愛知県に住んでいた日系ブラジル人や日本就労希望の日系3世の家族、日本に高校留学して日本語ペラペラの18歳の非日系ブラジル人の女の子、奨学金を受けて日本留学したい日系人の女の子、趣味で日本語を学習している日系人、その他リメイラにある日系の工場に駐在している日本人の方が2名来てくれたのでブラジル生活についてこっちが質問攻めに(苦笑)。ブラジルはやはり信頼できる日系人や親日家のブラジル人が多く駐在しやすい国とのことでした。 ブラジルは移民した日本人や日系人が真面目で勤勉だったためか日本や日本人に対するイメージがものすごく良く、台湾と並ぶ親日国家だと思うのですが、最近は日本人移住者やコロナで駐在員が激減。一方で近年は中国人の移住者が増えたり、韓国やK-POPが人気となっておりという話が出て若干複雑な思いに。それでも今年からJLPTが年二回開催となったそうですが、中国と同様国土が広いため試験が受けにくいみたいです。 というわけで結局歓迎シュハスコ会は昼12時から夜10時まで何と10時間も行われ、その間肉食べ続けアルコール飲み続けという阿鼻叫喚の世界に、最後はほとんど意識無くなってましたが(苦笑)。 翌日はお店回りをする予定でしたがブラジル労働節の祝日でどこもお店がやっていないことが判明、前日の余った肉でまたシュハスコをやろうという話が出ましたが、二日酔い気味だったので断り昼過ぎにサンパウロ市へ移動することに。 2日間お世話になった友人にバスターミナルまで車で送ってもらって50Rsの高速バスでサンパウロ市へ。国土の大きいブラジルの長距離バスはシートふかふかでリクライニングもしっかりしていて快適、2時間程でチエテの巨大バスターミナルに到着しウーバーに乗り換え夕方東洋人街に予約した定宿へ。サンパウロではマスクをした人がまだ多く、メーデーの祝日なのでお店も通常営業していて賑やかで田舎町との違いにビックリと完全にお上りさん状態で第2回目終了です。【業務週報2022年5月第2週】 お問い合わせ こちらも読まれてます: 年末年始はブラジル出張 メキシコアレナメヒコで本場のルチャリブレ観戦記 2022年GWブラジル弾丸出張報告①

    • Facebook
    • Hatena
    • twitter
    • Google+

    LINEで問い合わせる

    FBで問い合わせる

    TWITTERで問い合わせる

    信用卡付款

    PAGETOP
    Copyright © OFFICE SHIBATA/オフィスシバタ All Rights Reserved.