名古屋入管(浜松豊橋出張所)へのビザ申請手続代行、外国人雇用のサポートを行う開業16年の愛知県の行政書士事務所です

MENU

Please contact us using the form below, or E-mail:info@officeshibata.com


お知らせ

鎖国もまた良し、不況もまた良し

技能実習生なら時給829円、日系人労働者や日本人労働者だと時給2600円、あなただったらどちらを雇用しますかというコンプライアンス意識を問われる求人広告 自粛要請は解除されましたが新幹線は今でもこの有様。利用者には好都合ですが、廃線にならないよう祈る限り 4月から止まっていた在留資格認定証明書の発行が再開。コロナ特例で2021年4月30日、それでも駄目なら入国制限解除日から6ヶ月まで有効期限が伸ばされましたが紙クズにならなければ良いですが —– 今年2020年(令和2年)は本当だったら東京オリンピック開催の年でインバウンドバブルと人手不足が最高潮に達していたはずが、まさかのコロナショック発生で21世紀にして鎖国到来という考えられない展開に。 インバウンド業界や人材ビジネス業界は全く当てが外れましたし、外国人を相手にしている私の商売も上がったりなのですが、日本にやってくる外国人がいなくなったことで良くなったなと思えることもいくつかはあります。 まず外国人旅行客がいなくなって良かったことは町が歩きやすくなったことです(笑)。ここ数年は外国人旅行客が増えすぎて観光地に行くと日本人がアウェー感を感じる位でしたし、ホテルや飛行機が取れなかったり、飲食店の値段は上がる、免税店に行っても外国人のほうが厚遇されるという外国人ファースト状態。しばらくはコロナで外国人旅行客は日本に来ないでしょうから、政府もインバウンド戦略を見直してもらいたいと思います。コロナ以前の年間4千万の外国人旅行客受け入れ目標は過剰だと思いますし、マナーが良く、日本にお金を落とす外国人に限定したほうが良いと思いますが。 また労働力として当てにしていた留学生や外国人技能実習生がコロナで入国が遅れていることで一部の業界で人手不足が起こり日本にいる労働者の賃金や待遇が改善されるという面白い現象が起きています。コロナで仕事の無くなった観光業や宿泊業の余った人材を常時人手不足の農業や介護にマッチングさせる事業が行われたり、農業の場合農林水産省が就労先までの交通費や技能実習生より高い日本人の上乗せ労賃を補助したりという施策が行われているのですね。好景気で人出が足りないのならいざ知らず、不景気で日本国内に失業者や求職者が多くいるのに、わざわざ海外から労働力を輸入しようとするのはどうかなと私も思いますが。 最後に一番驚いたのは中国地方の工場の在日日系ブラジル人向けの高給求人広告。地名と職種を見ると、以前技能実習生を雇用していて資格外活動違反で処分され受け入れ禁止処分にされた工場のようで、技能実習生の雇用を諦め日系人労働者の雇用にシフトしたようですが、技能実習生の給与がほぼ最低賃金なのに、日系人労働者は実勢価格で日本人と同等以上ですからその差が歴然(苦笑)。そりゃ処分覚悟で技能実習生に資格外活動違反の作業をさせる会社も出てくるでしょうし、技能実習制度が日本にいる労働者の雇用を奪い、賃金上昇を抑制していることの好事例なのではないでしょうか、この求人広告は(苦笑)。 第二波が出てきたコロナとの戦い、コロナ不況との戦いも太平洋戦争のように4年。玉砕しないよう頑張って頂きたいと思います。不況もまた良しという言葉がありますが、従来のやり方が成り立たなくなり、既存の体制が崩れる変革期なのですから。  

コロナショックでも失業しない外国人労働者

ブラジルのパスポートがまたデザインチェンジ、日系ブラジル人労働者受け入れサポートの仕事も考えてみると20年もやっているとはよく続いたもの(苦笑) コロナによる入国制限や外国人雇用の需要消滅によりビザの仕事も定住者のブラジルだらけに、20年前に戻ったような(苦笑) —- コロナショックが起こり、今まで人手不足で人気だった外国人労働者の失業や雇い止めや生活困難帰国困難が問題になっているようでマスコミに連日取り上げられていますが、私が住んでいる愛知県、特に東部東三河地方の外国人雇用を見ていると至って平穏、マスコミの報道姿勢の違和感を感じずにはいられません。 今回コロナショックが直撃した業種を見ると、外国人旅行客が来なくなってインバウンド需要が消滅した観光や宿泊業、それと過剰な?外出自粛要請によりこれまた売上と雇用が激減した飲食業やサービス業、愛知県はもともと観光地が少なく外国人旅行客が素通りしていたところなのでそもそもインバウンド外国人人材が少なかった、また愛知県は外国人留学生の受け入れ規模が小さく飲食業や小売業に従事するアルバイト留学生も東京や大阪や福岡より少なかったのが外国人の失業が目立たない要因として挙げられると思います。 愛知県で目立つ外国人労働者は製造業に従事する日系ブラジル人労働者とベトナム人の技能実習生、技能実習生は解雇規制が日本人労働者以上に強いですし、実習先の企業の生産が下がって勤務日数が減り月給が減っても愛知県は最低賃金が高いので何とか凌げるのではという気がします。最低賃金の低い県だ即失踪につながってしまうのですが。 日系ブラジル人労働者の解雇がマスコミを賑わせておりますが、私の回りのブラジル人はコロナショック以前同様普通に働いております。日本にいる日系ブラジル人労働者は年齢、労働意欲、人間性、日本語能力などに非常に差があり、解雇雇止めに遭っているのは外国人雇用の裾野の狭い地域の、高齢者、労働意欲の余り無い、日本語能力も無い人たちではないかと思いますが、私の回りにいる自動車関係の製造業に従事する日系ブラジル人は日本人以上の報酬を得ている真面目な労働者なので解雇されることも今のところないと思います。今解雇されるとヤバいので必死ということもあると思いますが(苦笑)。 11年前のリーマンショックは愛知県の製造業、派遣会社、派遣社員を直撃し日系ブラジル人コミュニティーが壊滅し32万人いた在日ブラジル人が半減しましたが、21万人の小ぶりになった今の日系ブラジル人コミュニティーは別の見方をすると滞日年数も長くなり日本に慣れた日系ブラジル人で固められ少数精鋭になったと言えるかも知れません。 ということで日系人労働者のみなさん、頑張ってこのコロナ不況を乗り越えましょう。愛知県なら仕事はあるのでブラジル人のイメージが悪くなるようなことはしないように(苦笑)

台湾ドラマ「無主之子 THE ROOTLESS」

先日「無主之子 THE ROOTLESS」という台湾のテレビドラマをネットで鑑賞。 台湾で今問題になっている外国人労働者の失踪や外国人労働者が台湾で産み落とす無国籍児をテーマにしたドラマで、台湾の人気若手俳優がベトナム語を覚えてベトナム人役をこなし、ロケ地でベトナム人労働者と一緒に働くという台湾らしい手の込んだ作りのドラマで見ていて感心してしまいました。 ストーリーですが、漁業の外国人労働者として来台した母国で結婚しているベトナム人男性労働者が実家が市場で魚屋をやっている台湾人女性と知り合い恋に落ち妊娠、結婚を母親に反対され、2人は駆け落ちし子供を有無が父親が不法滞在で出生届が出せない。するとベトナムからベトナム人男性の正妻が来台し台湾人妻と喧嘩になるが結局台越ハーフの子(別称新住民二代、新台灣之子)を台湾人の母親の元へ残し、ベトナム人の男と正妻はベトナムに帰国。 台湾人の母親も結局シングルマザーでは子供を育てられなく、子供は台湾人家庭に養子に出されてしまい、フリーターというか不安定な非正規の3K職場を転々としている内に、犯罪に巻き込まれ警察の取り調べで自分が台湾ベトナムのハーフで無国籍児であることを知ってしまったというのが第一部。 途中、主人公のベトナム人労働者の友達のベトナム人労働者が逃走中警官に拳銃で撃ち殺される場面がありますが、これも2017年に新竹で実際にあった警官による不法滞在のベトナム人労働者射殺事件「阮國非案」のオマージュなのでしょうね。 しかし自国の恥のようなこんな重いテーマのドラマが地上波で放送されスポンサーが付くとは日本では考えられない話。日本でも技能実習生や留学生の失踪や犯罪をテーマにしたドラマや映画を作っても関心持つ人は少ないでしょうから。 日本でもハーフや外国人子弟の処遇や社会的統合が問題になっていますが、興味のある方はご覧になられることをオススメします。

PAGETOP
Copyright © OFFICE SHIBATA/オフィスシバタ All Rights Reserved.