名古屋入管(浜松豊橋出張所)へのビザ在留資格申請代行、外国人雇用のサポートを行う開業18年の愛知県の行政書士事務所です

お知らせ&業務週報

外国人雇用の話題

【悲報】日本の給料が台湾に抜かれる

先日台湾のニュースをチェックしていると興味深い記事が。台湾で働くベトナム人労働者の月給が6万元(約24.5万円)と一般的な台湾人の若者の2倍も稼いでおり、台湾人が称賛したという記事です。基本給は最賃金の2.5万元で残業と …

必要は発明の母、人手不足がロボット・自動化の母

アベノミスクの人手不足を下支えし、ここ10年で急増したベトナム人技能実習生や留学生もコロナ不況で様々な問題が起こり岐路に。批判の多い技能実習制度を改良するために2019年にできた特定技能の在留資格も万能ではありません。一方ロボットや自動化などの新技術が今まで技能実習生や外国人留学生がやっていた仕事作業を代替し始めました。

定住者も特定技能外国人も愛知県に集まるわけ

30年前に日本が受け入れた日系ブラジル人労働者の約半数が東海地方に集住、2019年に出来た在留資格特定技能の外国人労働者もやはり愛知県や賃金の高い都道府県への集住が顕著。転職可能な外国人労働者は仕事を選り好みするので人手不足解消にはあまり役立たずという記事

台湾と日本に安い外国人労働者が来なくなる未来

先日発行された台湾のビジネス雑誌で「安い外国人労働者がいなくなる未来(沒有廉價移工的未來)」という特集が組まれ興味があったので早速ネットで電子版を購入。さらっと読んでみましたが、台湾の状況が日本の現状やこれから起こるであろう状況と酷似していると思うので少し紹介してみたいと思います。

不人気在留資格特定技能の利用促進案に唖然

現状特定技能1号から2号に変更できるのは14業種のうち建設と造船のみなのですが、他の業種も2号に移行できるようにし無期限に更新可能、永住許可申請も可能、更には家族の帯同も認めることを入管局が検討という内容です

SDGsという新たな外国人雇用リスクの回避法

先日発売された週刊東洋経済の特集「SDGsが迫る企業変革 ビジネスと人権」、名は伏せますが(笑)、知り合いのジャーナリストの方が寄稿されていたので購入して拝読。SDGsというのはSustainable Developme …

ウーバーイーツが不法就労助長という不思議

以前から不法滞在残留外国人や資格外活動許可の時間制限以上に留学生を使用したりしていると噂になっていたフードデリバリーサービス大手のウーバーイーツ(Uber Eats)ですが、遂に不法就労助長罪で警視庁に書類送検されるとい …

入国制限解除されてももう外国人も外国人雇用も元には戻らないかも

今週緊急事態宣言が解除されるという報道がマスコミから一斉に流れました。新規入国外国人の入国制限も同時に解除されるという噂が立ったのであちこちに確認したところ、9都道府県の緊急事態宣言は解除されたが沖縄の緊急事態宣言が続い …

日系4世ビザ要件緩和と日系人労働者雇用のすすめ

定住者の在留資格が得られず日本に長期滞在できない成年者の日系4世を受け入れるために2018年7月に作られた「日系四世の更なる受け入れ制度」ですが、日本語能力要件がネックとなり年間4千人の人数枠に対し入国者が2年でわずか8 …

コロナで到来した外国人留学生の就職氷河期

毎年12月から入管局で就職の決まった留学生の留学から技人国への在留資格変更許可申請の受付が始まり、卒業が決まった留学生が学位記や卒業証明書を持って新在留カードを受け取りに来庁する3月末まで入管局が大混雑する時期なのですが …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © OFFICE SHIBATA/オフィスシバタ All Rights Reserved.