4月に創設された新たな在留資格「特定技能」ですが、4月に行われた外食、介護、宿泊の特定技能評価試験の結果が発表、3つの試験ともに合格率は7割超だったそうです。

登録支援機関も5月23日現在117機関が登録され入管庁のHPに掲載されております。今後特定技能の外国人労働者と雇用希望企業とのマッチング、雇用契約の締結、在留資格の変更あるいは認定申請を経て順調にいけば夏ぐらいには試験合格組の特定技能外国人としての就労が開始されるのではないでしょうか。

特定技能外国人の雇用手続きにご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

—–

今週ですが、GW10連休のあおりを受け岐阜、尾張、西三河、浜松方面に行かねばならずほとんど事務所にいないと思います。急ぎでないご相談ご依頼は来週以降にお問い合わせいただけると助かります。

お問い合わせはHPのお問い合わせフォームよりお願いします。

お問い合わせ